マイダーツを用意する

マイダーツを用意する

自分の物があれば気持ちも落ち着く

先述でも紹介したが、ダーツをプレイするためにいはダーツそのものを用意することから始まるが、お店などでダーツを楽しむ際には備え付けのものがあるため、それを利用すれば気がねなく楽しむことが出来る。ただ実際、プロとして活動すること、もしくは本気の意味で半端で終わるのが許されないという熱くなりがちな人なども含めて、ダーツは事前に用意しておかなければならない。特に前者のプロにおいては、もはや持っていることが何より必須となるアイテムだ。試合出場においてダーツを持っていない人が会場で借りるということは非常識だろう。例えるなら野球やサッカーの試合で支給されたユニフォームを忘れて、他人の拝借するというほどに愚かな行動だ。

ところが自分専用のダーツを持つといっても、ただ一式取り揃えて市販されているもの全て揃えばそれでいいという、そういう問題ではない。プロとして活動して行く場合、ダーツの部品1つずつに自分なりのこだわりと、自分が投げる上で何の問題も無く、常にベストな調子で成績をたたき出せるような、そんなダーツにしておかなければならない。要は、自分にあっているダーツを見つけるためにはお金を掛けなくてはならないということだ。

どれくらいの費用が掛かるのかといわれるとあまりこちらも基準を設けることは出来ないだろう、人によりけり、またピンきりとなっている。ただ引いて言うなら自分にあっているというものが見つかった場合には値札を見て退くような事はするべきではないということだ。あくまで個人的な意見だが、欲しいと思ったものがあればお金を使うことに躊躇いを見せるようではプロとしてはやっていけないだろう。

メリットとして

マイダーツを取り揃えるということのメリットは、勿論自分専用のだから持ったときの感触などが手に浸透するように馴染んでいることにある。それだけで十分だが、やはり他人のモノではないという独占欲が作用することによって、ある意味安心感を覚えるといったことも効果として期待する出来る。プロとして活動していればそうした専用のダーツを使うことは前提としても、趣味程度に留めて遊びに興じているだけでも、十二分に効果を期待することが出来る。

精神的な拠り所としての効力としても十分期待できる、だがそうした安心感をより明確に実感するためには日頃からこまめなメンテナンスを怠らないようにする。プロを本気で目指しているのであればそういったことも常識的な行動になると言われているので、やはり趣味と実用との一線を画した違いだ。

カスタマイズする面白さ

マイダーツを持つことで得られるのは、自分だけのオリジナルなカスタマイズされたダーツでゲームに参加できることだ。市販されている商品を見れば分かるとおり、シャフトとフライトがセットで販売されているものなどもあれば、バレルにしても使用されている素材が異なっているなど、実にダーツ1つの部位だけをとっても奥が深い。

経験を積み重ねることで、初心者の折には既存の用意されたモノで十分納得したプレイを満喫できるかもしれないが、自分なりに実力が上がっていったときにはそれまでのダーツでは思うように点数が獲得できなくなってしまったというケースもある。そうなると改善策として挙げられるのが、ティップからフライトまでの一式を、自分が理想とするダーツに改良することによって自分なりのオリジナリティ溢れるダーツという存在は必須だ。

自分だけのダーツを作る事は別に悪いことではなく、むしろプレイヤーとしてみれば転換期といえる状況にある。自分に適したダーツというのを見つけるのもたやすいことではないが、国内外含めれば様々なブランド、そして商品の点数を考えれば選びたい放題となっている。その中から自分の適した部品を見つけて開発することでよりダーツの腕を熟練したものへと昇華できる。

ネット通販か、店舗か

マイダーツを作ることも肝心と話したが、そうなると今の時代便利になるのはインターネットだ。インターネットを駆使すれば近場にダーツ専門店が無くても気軽に購入することが出来る。便利になったものだと感じるが、正直なところインターネット通販を利用してのダーツ購入については初心者ではなく、中・上級者向けといっていいかもしれない。

確かにネット通販は便利だが、実際に触れることが出来ないために持ったときの感触などを試すことが出来ない。店によっては購入後の返品できないこともあると考えば、初心者であればあるほど安易に楽な道を選択するのは用心だ。そのため、バレルなどの持たないと感触を想像できない。また実際の大きさがどれくらいか分からないというのであれば、インターネット通販を利用するのは少し早い。まずは店舗に行って専門家にアドバイスを受けながらダーツの購入をした方がより理想的なダーツを作ることが出来る。

ある程度目安になっている上級者らしいダーツの形とは

理想形となるダーツを語るのは難しい、しかしそこであえてこういうタイプの部品を使用しているダーツを上級者、それも世界でトップレベルで活動している人達に共通していると考えられるダーツの形はおおよそ共通点があるとも言われている。大体となっているが、

  • ・ティップ=ロングサイズ
  • ・バレル=タングステン合金を素材とした、ストレートタイプ
  • ・シャフト=長さが短めのもの
  • ・フライト=Sタイプの小さいサイズ

こんなところが世界的にも名を馳せているプレイヤーたちが使用しているダーツの理想形だそうだ。これはあくまで『上級者』向けとなっているため、まだ初心者ではこうした作りこまれたダーツでは中々思うように刺さらないなどの問題が出てきてしまうため、背伸びする事無く自分の実力にあっているダーツを使用するようにしよう。見栄を張りたいなどの理由でこのようなダーツを使うのは得策ではない。ダーツを買うにしても何にしても、まずは自分の実力に適しているものから購入するようにしよう。